google-site-verification: google556efba5729dce23.html

智の図書館

学び得たことが、いつかだれかの力となって、少しでも多くの人の役に立てればー。

なぜ薄利契約はダメなのか?

薄利契約はしてはならない。

契約を焦ってもいいことはない。

 

最大の理由は企業に与える不信感。

 

なぜ、そんなに契約を急ぐのか?

 

この企業と契約して大丈夫なのだろうか?

 

そんな薄利契約で、事業規模を維持できるのだろうか?

 

昇給できずに労働組合・社員ともめたりしないだろうか?

 

自転車操業では新商品の開発費は計上できないだろう。

ながくは付き合えない会社だ。

 

薄利契約を急ぐようなとこだ、なにかに耐える資力もないだろう。

 

そこまで依存する意味は? ビジョンもなにもないのか??

 

自社品に自信がないのか??

 

 

不当に安いサービスは、自分のクビを絞めるだけではなく、不信を与える。

 

7つの習慣を著したコヴィーのいうように健全かつ機能的な取引先といえるには、

関係はWINーWINでなければならない。

(7つの習慣のまとめはこちら ↓ )

世界の常識、7つの習慣 今日から人生の新たなる扉を開く。 - 仕事と生活にプラスを与える知識をまとめていく

 

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 

 

年末の休みでリフレッシュしたい人も多いだろう。

しかし、リフレッシュはなにも休むだけではない。

学ぶことによる識見のリフレッシュに挑戦してみるのもいいかもしれない。