google-site-verification: google556efba5729dce23.html

智の図書館

学び得たことが、いつかだれかの力となって、少しでも多くの人の役に立てればー。

脳トレパズルのススメ。年末パズルという選択肢。

そろそろ、一年の終わりがやってくる。

我が家では年末になると毎年やることがある。

それはもう、十余年の習慣になっている。

 

発端は、学生の頃、スーパーのパズル特設コーナーだった。

 

母と妹が「ディズニー」のパズルとジブリの「となりのトトロ」のパズルを買う際に、

欲しいなら好きなのを1つ買ってあげようといわれ、2000ピースの「フェニックス」のパズルを買ってもらった。

 

 

1000ピース ジグソーパズル となりのトトロ オカリナを吹くトトロ (50x75cm)

1000ピース ジグソーパズル となりのトトロ オカリナを吹くトトロ (50x75cm)

 

 

そのおかげで、年末年始はパズル地獄になったが。

 

さて、このブログのテーマからどんどんずれるので話しをもどそう。

 

 

「パズルには素晴らしい効能がある。」

 

 

◆子供もオトナも脳に良い

 

パズルがどこにはまるか分かった瞬間は、脳の前頭葉と側頭葉が同時に活性化。

また、ここだ!という、ひらめきは脳の中で新しい神経回路を形成することができる。

さらに、ボケ防止・認知症予防、集中力の形成にも効果があることが分かっている。

 

 

◆特に効果が高いのは積み木~小学生

 

パズルの形・色・完成図からイメージを描くことで、1つ1つの物事を関連づけて考える力や構成力・記憶力・集中力が高まる理想的な教育玩具。

 

 

60ピース チャイルドパズル ミッキーと日本地図であそぼうよ!

60ピース チャイルドパズル ミッキーと日本地図であそぼうよ!

 
アンパンマン 天才脳はじめてのパズル 50ピース 演奏会

アンパンマン 天才脳はじめてのパズル 50ピース 演奏会

 

 

 

◆うっかりや見落としを減らす

 

パズルによる集中力の増加は、仕事での失敗を防ぐ。

1度目は、普通にパズルを楽しみながらひらめきにより頭を活性化。

バラして2度・3度とやることで、イメージの復元・再形成するために脳を活用することでボケや物忘れにも効果がある。

 

※ついでなので、脳活性の知識を1つ。月数回、3日前までの食事の内容、朝昼晩を思い出して紙に書き出すことも脳に効果的。

 

 

1000ピース ジグソーパズル アナと雪の女王(51x73.5cm)

1000ピース ジグソーパズル アナと雪の女王(51x73.5cm)

 

 

 

◆リハビリにすごく良い。

 

私の祖母が、脳梗塞で右半身麻痺になり、思考回路は停止し小学校の数学もできないほどになった。そこで脳力を再形成するために行われたトレーニングの1つが、ジグソーパズルだった。

最初は、108ピース以下から始まり、毎日一回バラして組み立てることの繰り返しで、達成を繰り返すことで自信を取り戻すことと、脳の再活性が計られた。

いまでは、一人で500ピースまでなら組み立てられるほどに改善し、動く方の手で絵も描けるほど、構想力なども回復した。

まさにジグソーパズルさまさまである。

 

※トレーニングは+-*/の算数から始まり、分数、小数の計算とすすんでいくステップアップ数学と平行して行われた。

 

↓ 108ピーズパズル ↓

 

108ピース ジグソーパズル ディズニー ミッキーのドリームファンタジー 光るジグソー(18.2x25.7cm)

108ピース ジグソーパズル となりのトトロ ネコバスにのって  (18.2x25.7cm)

 

 

 

◆一色パズルは脳にすごく良い

 

おもしろくも何ともなく難易度が高く、すぐ「やーめた!」といいたくなるような一色物。しかし、この一色物こそ脳によい。

 

・持続して集中してものを考える集中力。

・単純作業を続けることによる忍耐・持続力の形成。

・2度3度やることで、いびつなパズルの形からどこだっけ?ここらへんだったはずと脳が働くことで認知症の予防。

 

 

 

300ピース ジグソーパズル グレート宇宙パズル2(26x38cm)

300ピース ジグソーパズル グレート宇宙パズル2(26x38cm)

 
1000ピース ジグソーパズル 純白地獄 マイクロピース (26x38cm)

1000ピース ジグソーパズル 純白地獄 マイクロピース (26x38cm)

 

 

※リハビリ用は普通の方。リハビリで一色物をやると自信を喪失するひともいる。

 

◆ゲームより実物

 

指を動かすこと、隙間にはめること、はめたものを壊さずに動かすことこれら全てが脳の活性に役立ち、ボケ防止に繋がる。

 

それと、自分の好きな物であればオブジェとして、部屋を彩るものとして、非常に役立つ。また、それを見ることでパズルの思い出にふけることもできる。

 

◆パズル紹介

 

注意※画像クリックするとアマゾンに飛びます。

 

1、立体パズル

3D立体パズル サグラダ・ファミリア

 

 

2、壁を彩る絵画パズル

1500ピース ジグソーパズル パズルの達人 世界の絶景 ウユニ塩湖-ボリビア スモールピース(50x75cm)

 

3、球体パズル

60ピース 光る球体パズル パズランタン シルエット シンデレラ ブリリアント・ナイト

240ピース 光る球体パズル スターライトパズル-BLUE EARTH-

 

 

 

 

 

 ◆おわりに

 

家族の時間というものが減ってきている現代だが、

我が家では、母と誰かがパズルをやっていると、帰ってきた誰かが時間をみつけて加わって、できあがるまでには家族全員がパズルを通して同じ時間を過ごしている。

 

趣味や性格などから会話がしづらくとも、パズルの完成という同一目標があれば、

これココじゃない?  それちょうだい。 まだできてないの? ここまで進んだか。

そろそろ、できそうじゃない? などコミュニケーションを取ることもできる。

 

家族旅行に行くとか映画をみるということだとなかなかYESとならないが、

目の前にあるパズルならうまくいくかも知れなし、思いで作りにもなる。

時間を見つけてパズルに挑戦してみるのはいかがだろうか?

 

 

以上、タダの脳トレでないパズルの魅力を綴ってみた。

なにかあなたのプラスになれれば幸いである。

 

 

・最後に、来年のカレンダーパズルがあったので貼っておきます。

※トトロなのは私が好きなのとみていて飽きないから。

 

1000ピース ジグソーパズル となりのトトロ 2016年カレンダージグソー(50x75cm)