google-site-verification: google556efba5729dce23.html

智の図書館

学び得たことが、いつかだれかの力となって、少しでも多くの人の役に立てればー。

厚労省関連の詐欺に注意!

最近、厚生労働省を名乗る還付金・給付金と称して口座番号と氏名を聞き出す詐欺が増えている。

 

ニュースによると、

・詐欺の電話は、050ナンバーでワン切りする形でかかってくる。

・着信履歴から返信すると、厚生労働省の自動音声ガイダンスを名乗る自動音声が流れてきて、音声誘導やダイヤルを押すように仕向けたりウェブアクセスをするように仕向け、氏名・口座番号などを聞き出すという。

 

専門家の意見では、

口座を聞き出す犯罪では、一方的にお金を振り込んで後日高額な利息を要求する手法があるという。また、犯罪に使われた、あるいは不正な手段で入手したお金が振り込まれ犯罪に巻き込まれる可能性があるという。

 

 

「これまでに発生した厚労省関連の詐欺」

・電話をかけてきて、国民健康保険庁を名乗り自動音声テープにて、ダイヤル操作を促す詐欺。

厚生労働省年金局年金課を名乗る者から自宅に「医療補助」の給付金と称して個人情報を詐取する詐欺、年金の過払いがあったため返金を迫る詐欺。

 

ハローワーク職員の名刺を偽造して、相談員のフリをして個人情報を聞き出す詐欺、ハローワークの電話アンケートと称して情報を聞き出す詐欺。

 

 

「メールによる詐欺」(出典:下記厚労省HP不審なメールにご注意下さい)

  • 差出人が「厚労省情報」で、内容としていわゆる「儲け話」に関する内容となっている。
  • 送信者のメールアドレスが「info@mhlw.go.jp」、メールの件名が「厚生労働省の知らせ」、「InfluenzaReport.zip」というファイルが添付されており、「新型インフルエンザ」に関する内容になっている。
  • 送信者のメールアドレスが「e-Gov@mhlw.go.jp」、メールの件名が「新型インフル、ワクチン接種」、「ApplicationMethod.zip」というファイルが添付されている。

△不審なメールが届いたら

不審なメールを受信した際は、メール本文中のURLをクリックする、添付ファイルを開く、または届いたメールに対して返信するなどの行為は行わないようにしてください。

(担当)厚生労働省
大臣官房統計情報部情報システム課情報システム管理室

 

 

 

< ↓ 厚生労働省による問い合わせのあった不審な情報ページ ↓ >

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/0713-1.html