google-site-verification: google556efba5729dce23.html

智の図書館

学び得たことが、いつかだれかの力となって、少しでも多くの人の役に立てればー。

マイナンバー制度

Q、マイナンバー制度は拒否できますか?

 

A 住民票を有するすべての人に、住所地の市町村長「ひとり、1番号」を勝手に指定するためできません。

 

Q、ナンバーはどうやって確認するの?

 

A 住所の世帯主に、家族全員分、一括で、「簡易書留で」送られます。

もし、不在だった場合、1週間以内に郵便局に取りに行くか、再配達してもらう。

 

郵便局の預かり期間を過ぎると、市役所に返送され、市役所内にて保管されるが、

マイナンバーは、原則、一生不変で、市町村長による付与のため消えることはない。

 

(市町村では30日までは預かることになっている。それ以上になった場合は、各自市町村か、下記電話相談窓口に問い合わせてみよう)

 

 

◆各人のマイナンバーを記載した「通知カード」を平成27年10月以降、市区町村から送付しますので、そこでマイナンバーを確認できます。

 

◆平成28年1月以降、市区町村に申請すると「個人番号カード」の交付を受けることができます。この「個人番号カード」にもマイナンバーが記載される。

 

◆住民票の写しや住民票記載事項証明書を取得する際、希望すれば、マイナンバーが記載されたものが交付されます。(官房庁)

 

Q、マイナンバーっていつつかうのよ?

 

A、年金・雇用保険医療保険の手続、生活保護・児童手当その他福祉の給付、確定申告などの税の手続などにとどまらず、災害時にも使用されます。

そのため、各種申請をする書面等にマイナンバーの記載が必要になります。

 

また、企業に勤める場合、マイナンバーを届け出なければなりません。

(税納付、社会保障関係の保険に入るため)

 

そして、これは法令によって定められた義務であるため拒否できません。

もし、就労者が拒否した場合、企業は関係機関に連絡し、処置を求めることとされ、

拒否した方には不利益が予想されるのであきらめましょう。

 

 

Q、個人番号カード交付申請書がきたらどうすればいいのよ?

 

A、郵送、パソコン、スマホ、まちなかの証明用写真機(10月中旬から順次対応、未対応機あり)のうちからお好きな方法で申請してください。

 

くわしい説明はコチラ。みほんによる画像付きなので、申請時の参考にどうぞ。

https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/index.html

 

Q、メリットってなに?

 

A、社会保障・税に係る行政手続きにおける添付書類の削減。

 

◆マイナポータルのお知らせサービス等による国民の利便性の向上。

 

・引っ越したとき、転居届けを提出するだけで、

電気・ガス・水道の変更手続きにとどまらず、車・運転免許・パスポートの登録情報の変更などがマイポータル上でできるように。

 

 

政府が実現を目指す、マイナポータル4機能

 

1、情報提供履歴の表示を求めることができる。

 

2、自己情報開示請求:納付済み保険料、年金の支払い状況・給付状態の確認。

 

3、ワンストップサービス:一つの窓口・オンライン窓口で、複数の申請を受理。

引っ越しにとどまらず、退職時に年金書類等の手続きも一回で全部できるように。

 

4、プッシュ型サービス:受給できる手当があるのに知らなかった・・。

というのを防止するため、受給可能者に対して、対応機関から通知可能に。

 

また、自動車のリコールなどが、国の機関に企業から届けられた場合、

国家機関からも通知を出すことで、正確な情報提供を実現して、個人が不利益を被ることを防止。

 

 

◆その他のメリット

 

・行政を効率化して人員や財源を国民サービスに振り向ける。

・所得のより正確な捕捉によりきめ細やかな新しい社会保障制度が設計。

 

 

Q、まだまだよくわからん。マイナンバーの公式サイトってどこよ?

 

A、官房庁が運営するサイトはこちらになります。

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/#c03

 

公式のよくある質問Q&A

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/faq/faq1.html

 

 

Q、活字じゃ不安だ。電話相談窓口ってないの?

 

A、下記電話番号にて、電話相談可能です。(官房庁公式サイトより)

お問い合わせ

お問い合わせ

 

 

以上、ざっくりですが、QAで書いてみました。

 

手続きが複雑化してきてるとか、書類が膨大になるとか言ってるけど、

情報共有ができない役人のための制度とか、

国民から簡易迅速、確実に血税を搾り取るための制度とか、

収賄疑惑とかがあったり、批判だらけの制度ですが、

法令の義務ならしかたないのでがんばりましょう。