google-site-verification: google556efba5729dce23.html
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

智の図書館

学び得たことが、いつかだれかの力となって、少しでも多くの人の役に立てればー。

熱中症の症状と対策

熱中症の症状と対策

 

症状 ステージⅠ

 

・手足のしびれ

・めまい 立ちくらみ

・筋肉の痛み

・気分が悪い ボーっとする

 

対処法、日蔭(気温が低く風があるところ)で、静養しつつ、

水分と塩分を補給する。 よくあるのは薄めたアクエリアスと梅干の摂取。

 

クーラー可。

 

 

ステージⅡ

 

・吐き気がする、吐く

・頭がガンガンする

・だるい

・意識が変な感じがする 違和感がある

 

 

日蔭で静養しつつ、水分と塩分をとって、体を冷やす。

うちわであおぐ、扇風機でもよい。

 

環境省はクーラーのきいたとこでいいと言っているが、

まず、日蔭で少し体温を下げて、水分とってからだと言っているひともいる)

 

 

「アイシングする」

前顎の横、わきの下、股関節、鼠径部、太ももの付け根

 

(太い静脈があるとこは大量の血液が通り、またゆっくりもどるので、体に負担をかけずに、血液温度を下げることで体温を調整することができる)

 

外の場合、素肌に水をかける方法もある。(アイシングの方がいい)

 

 (amazon ベストセラー1位)

 

 

ステージⅢ

 

・意識がもうろうとする

・体がひきつったり、けいれんがはじまる

・体全体が熱くなる+だるさや違和感があり、吐いたりする

・平衡感覚に支障があり、ふらついたり、まっすぐ歩いているつもりでも、まっすぐあるけていない

 

静養していても意識を失ったり、倒れる可能性があるので病院へ

 

 

救命のポイント

できるだけ体温を下げること。

アイシング器具は家でも会社でも用意したい。

 

氷のうは、前顎の横(首のあたり)、わきの下、太ももの付け根・股関節にあてる

 

 

脇の下冷却袋 わきアイス 幼児・小児用

脇の下冷却袋 わきアイス 幼児・小児用

 
わきアイス 大人用

わきアイス 大人用

 

 

緊急時になければ、水で濡らしたガーゼを皮膚にあて、そのうえから、あおいだり、扇風機で風を送って救急車がくるのを待つ。

 

 

水分のポイント

 

水1リットルあたり、砂糖大さじ4、小さじ2程度の成分が含まれているもの。

 

・1リットルのアクエリアス粉を1.5~2リットルまで薄めて飲むのが、

糖とミネラル成分上ベスト。糖類ゼロシリーズは自宅水分補給用で作業中・運動中・熱中症対策の飲み物ではない。

 

・梅干しの塩分・クエン酸などが熱中症にかなり有効

 

 

熱中対策水レモン味 500ml×24本

熱中対策水レモン味 500ml×24本

 
経口補水液 オーエスワン(OS-1) 500ml×24本
 

 

 

 

エアコンのポイント

 

「除湿」が大切! 

低すぎる温度・高すぎる湿度が発汗が妨げる要因。

 

18℃はやめたほうがいい。

熱中症危険温度が35℃以上、低い温度が発汗阻害、電気代が高いということを考えると、28℃が節電含む効率でベスト。

とはいえ、作業効率とストレスを考えるともう少し下げてもよい。

 

 

外とクーラーの効いた部屋を「何度も」出入りしてると、なんかクラクラしたり体に違和感がでたりということがある。

これは、自律神経が完全に対応できるのが、5℃差までなので一時的にバランスが崩れるため。

クーラー病というのは日本の一部のひとが勝手に言っている。

 

 

資料 (環境省より)

 

f:id:hikazeamatatu:20150531195539j:plain

 

 

「原因」

 

・水分の欠乏

汗は水分を原料にして放熱する、水分がないと上がった気温や運動や身体の働きにあわせて、発生した熱を放熱できない

 

・塩分の欠乏・Na(ナトリウム)の不足

汗による放熱の際、水分だけでなく、塩分・Naも排出される

 

・高温により、自己調整機能の破たん

 

皮膚表面に血液を集めて、熱伝導により体温を下げる働きと、

発汗によって体温調整がなされるが、外気温が高いと、

汗以外での放熱が小さくなり、水分・塩分が不足していると、放熱が不十分で自律神経が異常をきたし具合が悪くなる。

 

 

「要注意状態、なりやすいひと」

 

 ・肥満・糖尿病・心臓病・精神疾患があるほど危険

・下痢・インフルエンザによる脱水症状

・二日酔いで、寝不足でのバランスの崩壊

・高齢者・乳幼児ほど高い外気温に対応しにくい

・普段から運動していないほどなりやすい

 

・慣れない行動しているほど、意識が張り詰めるので、特に意識的に水分・塩分を補給しなければならない

 

・室内を締め切ると、熱が逃げにくく風もないので危険、エアコン、クーラー、扇風機をつけたい

 

・湿度が高く、風がない日は危ない

 

・前日より、急に暑くなる日は体が対応しにくく、いつもより水分・塩分をとるべき

 

・のどが乾いたら、すでに足りていない。

のどが渇く=体内の2%ほどの水分が失われたということ

 

・汗をかいていなくても、室内作業でも水分が不足すると熱中症を発症する。

休憩ごとに100~200ml以上とるべき。

 

 

食欲不振、意識がなんとなく朦朧としたり、なぜかイライラしやすくなったりすると、水分は3%以上水分が失われている

 

 

意識が遠のいたり、けいれんがはじまると、5%ほどの水分が失われ危険な状態。

 

ここまでくると、口から飲んでも、十分に吸収されなかったり、時間がかかるので、病院にいって、点滴などで直接補給をしたり、薬を投与すべき。

 

 

資料 (環境省より)

f:id:hikazeamatatu:20150531195400j:plain

 

「おわりに」

 

あんま、悪化すると、点滴でだめな場合、膀胱・胃カテーテルで冷却した生理食塩水を使って直接血液を下げるとか大がかりなものになるので、水分・塩分はこまめにとりましょう。

 作業前の200ml、作業中のこまめな水分補給、作業後の200mlは必要です。

 

 

ひんやりクールタオル ブルー

ひんやりクールタオル ブルー