google-site-verification: google556efba5729dce23.html

智の図書館

学び得たことが、いつかだれかの力となって、少しでも多くの人の役に立てればー。

世界の常識、7つの習慣 今日から人生の新たなる扉を開く。

7つの習慣 

人生の扉を開くー。

全世界3000万部 自己啓発 ビジネスの必携書。

忙しい人のための、まとめ。

 

 

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (7件) を見る
 

 

「Inside-Out」(内から外へ)

 

 

「まず、己を変えなくてはならない。」

 

自分自身の内面、価値のものさし、人格、行動の基準などを最初に変える。

それができなければ、他人や環境は変えられない。

 

「真の成功とは、優れた人格を持つこと。」

才能などで社会的認められるというのは、表面的な成功にすぎない。

個性による、自分というものをアピールしたり、

コミュニケーションスキルによる話上手、

さまざまな戦略、挑戦していく姿勢などは、

人生における最大の成功ではない。

 

人の成長は、順序立ったプロセスを踏まなくてはならない。

さぁ、人生を変える習慣をみていこう! 

 

 

  第一の習慣~第三の習慣 

「依存から自立へ」

 

「Private Victory」(私的成功)

人生が充実した気持ちに満たされるようにー。

 

 

「第一の習慣」

 

主体性を発揮する

(Habit 1 Be Proactive)

 

「自らの感情を主体的にコントロール」

誰かになにかをいわれて、イラッとすることも、感謝することも、

会社に行きたくないと思うことも、よし、今日はがんばろう!という意気込みも、

すべて自分が選択している反応にすぎない。

 

「周囲に流されてはいけない」

自ら進んで状況を改善する行動を起こすことを心がける。

 

・誰かになにか期待するのではなく、自身の能力を高めることを優先する 。

・自分がコントロールできる、影響を及ぼすことができる事柄を持つ。

・失敗したときは、自分の間違いを認め、自己改善をする。

 

 

「第二の習慣」

 

目的をもって始める

 (Habit 2 Begin with the End in Mind)

人生の最後の姿はどうありたいか、他の誰でもない、

あなたが、あなた自身をどう創り上げたいか決める。

 

「万物は、まず、考えることからスタートする。」

それを自ら規律するために、個人的な憲法、信条(ミッション・ステートメント

自分の行動の基礎となる価値観や原則を文章化して書きだす。

 

そして、あらゆるものごとを計る”ものさし”として使うのです。

あなたの行動原則が決まれば、優柔不断にならずに済みます。

 

 

 

まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣

まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣

 

 

「第三の習慣」

 

重要事項を優先する (Habit 3 Put First Things First)

どのような順番でどのように実現するか?

 

「効果的な自己管理」

ミッションステートメントに照らし合わせて、

「重要なこと」を優先する時間管理をする。

 

1、重要かつ緊急な活動を行う。

2、重要だが緊急でない活動を行う。

3、重要でない活動に対して、勇気をもってノーと言う。

会議や接待などの単に「緊急なこと」に振り回されることなく、

遊びやテレビなどの「重要でないこと」を優先せず、

「重要なこと」を優先する。

 

4、重要でない任せられるところは、人に委任する。

※自らが成長すれば「依存」ではなく「委任」になる。

 

 

第四の習慣~第六の習慣 

「自己依存から相乗効果へ」

 

Part Public Victory  (公的成功)

信頼関係による協力体制を築き、より大きな成果の達成を目指す。

 

 

「第四の習慣」

 

Win-Winを考える  (Habit 4 Think Win/Win)

当事者全員が望ましい結果を得て、満足できるように。

 

 

関係には6つ形がある

「Win-Win」相互利益

「Win-Lose」「大手と下請け子会社、ブラック企業-従業員」

「Lose-Win」「無抵抗、仰せのままに、とんでもクレーマーによる損害」

「Lose-Lose」無計画の相互損害

「Win」

「Win-Win(No) Deal」(やめておく、取引しない)

 

 

お互いがオイシイ思いをするということではなく、

自分だけ得をするという考えと、

相手に恩を売ってやろうという考えを超えて、

 

お互いが努力して、いいものを

適正な価値・対価で提供して、

お互いが、不満を持つことなく満足するのが真のカタチ。

 

 

 「第五の習慣」

理解してから理解される

(Habit 5 Seek First to Understand, Then to Be Understood)

高度な信頼関係を築き、Win-Winの扉を開くには。

 

「相手の目を通して人生を見つめる」

相手の話に耳をかたむけて、相手に感情移入を行うことで、

はじめて、相手に影響を与える効果的なプレゼンができる。

 

・一対一での話し合いが特に有効。

 

・相手を評価したり、探ったり、アドバイスできないかな、

たぶん、こういうことなんだろうな。という自己解釈してはならない。

 

「あくまでも、相手の世界観で」

 

相手の立場・望んでいることを、

ハッキリ説明することができるように、話を聞けば、

相手のWinが分かり、それをもとに、Win-Winが築ける。

 

 

まんがでわかる7つの習慣3 第3の習慣/第4の習慣/第5の習慣

まんがでわかる7つの習慣3 第3の習慣/第4の習慣/第5の習慣

 

 

「第六の習慣」

 

相乗効果を発揮する  (Habit 6 Synergize)

単なる足し算ではなく、かけ算に。三人寄れば文殊の知恵というやつ。

 

 

自分と他人との意見に相違が生じた時に、

自分の意見を通すのでなく、他人の意見に折れるのでもなく、

「第三案となる、新たなるこたえ」を導き出す。

 

全ての当事者が”私的成功”を備え、

第四~第五の習慣を実践し、

不愉快さや不安に打ち勝ち、

自分と他人との相違点を尊ぶことができる

本物の集団が形成されていることが必要。

 

「第七の習慣」

 

刃を研ぐ  (Habit 7 Sharpen the Saw)

“自分自身”という最も大切な資源を維持する。

 

・食事と休養と運動。

健康があってはじめて、主体性を発揮できる高いエネルギーを形成できる。

 

・精神を養う。

揺るぎない穏やかで明朗な心を得る。常に自己啓発を基とし自分を見つめなおす。

 

・知性を得る。

読書をはじめ、先人たちの知恵や知識や思考法を学び、

実践と問題改善、修正によって知性の刃を砥ぐ

 

・感情を安定させる。

良好な人間関係を築く。対外的な安定は感情の安定と深く結びついている。

 

 

まんがでわかる7つの習慣4 第6の習慣/第7の習慣/第8の習慣

まんがでわかる7つの習慣4 第6の習慣/第7の習慣/第8の習慣

 

 ※第8については、本来はまた違う内容 ブログ末参照

 

「Inside Out Again」

 

今までの世代で得た良い物は残し、悪い習慣は改め、次の世代に引き継いでいく。

人間は自らを完成させることは出来ず、探究に終わりはない。

 

だが、7つの習慣を実践すれば、新たな人生の扉は開かれるだろうー。

 

 

< ↓ 図解付きはこちら ↓ >

まんがと図解でわかる7つの習慣 (宝島SUGOI文庫)

まんがと図解でわかる7つの習慣 (宝島SUGOI文庫)

 

 

 

第8の習慣  「効果」から「偉大」へ

第8の習慣 「効果」から「偉大」へ

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2005/04/23
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 83回
  • この商品を含むブログ (62件) を見る
 

 激動の新時代に向けて、『7つの習慣』の続編としてではなく、

「偉大・素晴らしさ」「達成」、「情熱的な実行」、「重要な貢献」などを

テーマに新たに書き綴られた最新本。