google-site-verification: google556efba5729dce23.html
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

智の図書館

学び得たことが、いつかだれかの力となって、少しでも多くの人の役に立てればー。

今日からチョコレートを食べるべき! 知らないと損するチョコのまとめ9項目

もともとカカオ豆はすりつぶして飲む薬だった。

 

 

「健康増進効果」

 

・エイジングケア うるおい持続効果

 

・ダークチョコレート100gは緑茶の5倍の抗酸化作用がある(チョコメーカー)

緑茶の3倍ワインにはポリフェノールがあるが、チョコレートはその2.5倍(緑茶の6-9倍)日本食品センター

 

・疲労回復効果がある

 

「抗酸化作用」

 

1、胃潰瘍予防。

胃粘膜を保護し、活性酸素による損傷を予防する。

2、ガン、アレルギー対策。

活性酸素による損傷は、ガン・アレルギーの原因にもなるため予防効果がある。

3、日本の6倍チョコを食べるスイスの胃癌による死亡は日本の25%しかない

 

「抗細菌、口臭、虫歯予防効果」

0-157など細菌の繁殖を抑える効果がある

歯石・歯周病の原因菌に対しても有効な効果がある

(オーストラリア・メルボルン

 

 「血流促進・動脈硬化予防効果」

・ヨーロッパで10年間の統計の結果、チョコレート・ココアの摂取量が高い地域ほど、心臓病発症件数がすくない。

・一日20g以上で動脈硬化予防効果がある。

 

 
森永製菓 カレ・ド・ショコラ カカオ70 102g(21枚)×5個

森永製菓 カレ・ド・ショコラ カカオ70 102g(21枚)×5個

 

 

 「記憶力・集中力・リラックス効果」

・脳派実験により、チョコレートに含まれるテオブロミンが、脳の記憶力・集中機能を活性化する作用があることがわかっている。

 

一方で、カフェインと同じように覚醒効果があるが、カフェインより緩やかに効果があるだけでなく、リラックス効果もあることがわかっている。

 

 「便通改善」

カカオにはリグニンという食物繊維があり便通にも効果がある。

ダークチョコレートやローチョコレートに多く含まれている。

 

 

「バランス栄養食」

チョコレートの原料であるカカオ豆にはカルシウム、鉄分、マグネシウム亜鉛などのミネラルがバランスよく含まれている。アーモンドなど木の実と一緒に取るとさらにミネラルが加わりよい。

 

 

「チョコレートは太らない」

 

・15日間、通常の食事のほかに、100gのチョコレート(ビター)をたべても特に太ることはなかった。 (イタリアのチョコメーカーが宣伝のため検証)

 

・日本チョコレート・ココア教会の発表によると、マウス実験でも肥満を示す数値は見つからなかった。

 

・カカオポリフェノール

血中の脂肪蓄積を抑える効果があり、エクササイズとセットで行うことでダイエット効果も高める。

 

カカオバター

吸収性が高いものの太りにくい脂肪。

 

・脳が満足度を示す度合がケーキなどにくらべて高いので過食防止にもなる。

 

・肥満や病気の原因となるのは砂糖であることが分かっている。

 

・ミルク・ホワイトチョコレートなどカカオ成分が低くいものは、

悪玉コレステロールを含有しているものもあり、肥満のシグナルがみられることも。

 

 

 

 「チョコレートの食べ方」

 

1日20~100グラムまでの範囲で、

カカオ70%程度のビターチョコを時間を分けて食べる。

( 60%以上で効果があり70%以上でさらに効果がある)

 

 人の集中力の持続は長い人でも2時間半どまりなのだが、

チョコレートによる効果上昇も2時間前後を示しているため、

一度にたくさんより、分けた方がよい。

 

一般的な板チョコなら、1日に1列を2回にわけてたべるくらいでOK。

 

明治 チョコレート効果カカオ72%BOX 75g×5箱

明治 チョコレート効果カカオ72%BOX 75g×5箱