智の図書館

学び得たことが、いつかだれかの力となって、少しでも多くの人の役に立てればー。

誰がために

私のしていること、

学んだことは、何の意味もないー。

 

といわれる。

 

この国では、

入社して、5年のうちは、

あたまを低くして、

何を言われても、

「はい、はい!」

って返事をしてなきゃいけないという。

 

それが、できなきゃ、

やめていくという。

 

小学生と同じで、

1年生は1年生

2年生は2年生

としてしか使えない

というルールがあるという。

 

5年たてば、ちょっとはわかってきたな

と思われ、

10年立てば、反抗期になってきたな

って考えられたりもするという。

 

あなたがなにを学んでいようと、

そんなものは、何の役にもたたないという。

 

偉くなったころには、できることは限られているという。

 

 

世の中でうまく生きていくってのは、

ハイハイっていって、出世して、

立てつつも、そっと意見を添える

言い回しができることだという。

 

~では、ありませんか?

~と考えることはできないでしょうか?

~ということは~ないですよね あるわけないですよね みたいなトーンで

そういう下手 下手で、

ないといわれれば、そうですよね。

という、相手をたてつつ、逃げる方法を作っておくのがいいという。

 

 

これが、この国のルールだという。

 

あなたもそうおもうだろうかー。

 

 

少なくとも、私は、世界で成功してきた社長・戦術家たちが

記し残したものが意味がないとは思えない。

 

 

きちんとした、会社システムと、戦術・戦略のもと、

本気でAクラスになりたいという強い意志をもち、

自己啓発によって価値を高め、

会社の利益に貢献することで、高い報酬を得ようとする

社員のいる会社こそが、Aクラスだと、

そう信じている。

 

 

私が学び得たものは、何の役にも立たない、

レアケースの事例、仕事に生きることのない

思想の変換なのだろうかー。

 

それでも、私がみてきた、

「傾いた」「消えた」企業は、

間違いなく、

私が学び得たことをしていない。

だから、いまはまだ、このブログを綴ろうと思うー。