google-site-verification: google556efba5729dce23.html

智の図書館

学び得たことが、いつかだれかの力となって、少しでも多くの人の役に立てればー。

要注意!本当の取引先を間違えないための見分け方とファイルの整理法

「ファイルの置き方」

 

すべて電子化しているのでなければ、

ファイルは、順番に置くものではない。

 

ファイルが【lllll\\ 】こんな感じで保管されているなら、

取り引きがあったら、一番左端のlのとこにしまう。

必然的に、右にいくほど、付き合いが薄く、

次の取引など、いつになるかわからない。

 

そういうのなら、電子化して、

どれにいれたというメモ用紙と「不測の事態の証拠」だけあればイイ。

 

「感情の危険性」

 

基本的に、営業・交渉人というのは、

「会話」のプロ。

取り引き先の重要度が、

感情によって左右されるのは避けなければならない。

 

付き合いというのは、

補正として加味はしても、乗算してはいけない

 

 

「格言」 

 

 

「田中靖浩」

経営コンサルタント公認会計士・会計から経営を変えるプロ

 

「つくれば売れる時代は終わっている。

少子高齢化により、売上達成だけをめざし、

薄利多売を目指すなら、利益は減る一方。」

 

クイズで身につく会社の数字 (日経文庫)

クイズで身につく会社の数字 (日経文庫)

 

 

「ジム・キャンプ」

私が尊敬する、経営を立て直すプロにして本物の交渉人

 

「いつまで、商品に小切手を付けて

 取引をするおつもりか!」

 

原価に近いような、薄利多売の取引を求めてくる、

取引先は、あなたにとって重要ではないのである。

 f:id:hikazeamatatu:20150413040929j:plain

 

 まとめ

 

本当にあなたを必要とする、企業なら、

「あなたの会社の商品のメリットを」「ほしい」

と思っている。必要だと思うものを、安売りしろとは言わない。

 

 

どれだけ、薄利多売して、その企業の、

たとえば下請けをしていたって、

事情が変われば切られるだけ。

 

切られたことを、人でなしと思うか、

見抜けなかった己を呪うか、

いずれにせよ、そうなったら

「おしまいである」