google-site-verification: google556efba5729dce23.html
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

智の図書館

学び得たことが、いつかだれかの力となって、少しでも多くの人の役に立てればー。

本当の指導者たる任務とはー。

 

 

「ダン・S・ケネディ」の格言

 

(10以上の業種、40以上のビジネスの成功者! 通称「世界一メーカー」!!)

 

f:id:hikazeamatatu:20150416194529j:plain

 

リーダーシップの素晴らしさは、幅広く宣伝され、

話題になり、称賛される。

 

その結果、リーダーシップが発揮されれば、

なんだかよくわからない、

魔法のような力が発揮されて、

 

並の能力しかない社員たちが、

まるで奇跡のように、仕事の虫になり、

責任感の強い、超有能な社員に変わる!

 

なんていうのは、「妄想」でしかない!!

 

 

 

Q「超エリートが会社を去ったら、業績はどうなる?」

 実績ある大企業での調査の記事よりー。

 

A、不思議なことがおきる。

 

 

会社に有能な社員がだれもいなくなった場合、

実績ある大企業では、数カ月の間に、

平凡な社員のだれかかしらが、

優秀な成果を出すようになった!と記されている。

 

 

Q なぜ、このようなことが起きたのか? 

 

A1、

とある、動物を寄せ集めて、

放置すると、どういうわけか、

リーダー格が登場する!

という「集団理論」

 

 A2、

まやかしのリーダーシップなどではなく、

利益を生み出すための、

「経営戦術」「システム」が

会社にあった!

 

 

A3、

「人間は誰かに、依存したいと思う側面から、

問題解決の手段がほしくて、リーダシップを求める」

 

 

「本当の指導者たる役務」

 

  

1、「戦術・計画・戦略的目標」

2、「意思決定・行動指針」

3、「明快な業務マニュアル」

4、「昨日まで農家をしていてもわかる作業手順書」

 

を作り上げること!

 

ポイント

 

・リーダーに決断力があるから。ではなく、

決断は上二つに乗っ取り行われるので、

意思決定は迅速に行うことができる。

 

・手順もマニュアルも確立されているので、

教育もスムーズ。

 

・指示・手順書が明確なら、

ミスや遅れも出にくいですし、

やることがはっきりしてるので、

社員もがんばる。

 

 

 「補足」

 

アメリカの電話サービスの優良企業が

社内アンケートをしたところ

 

社員がついてくる一番の理由は、

ダントツで「報酬」だったそうです。

 

つまり、

リーダーの長である、社長に求められるのは、

たった一つ。

「利益」を上げること。

 

高い給料を支払うことで、

社員に努力させ、会社に「利益」をもたらさせ、

新商品を開発し、さらに「利益」を上げることです。

 

 

「まとめ」

 

リーダーが主体性を発揮して、

人望を集めて、ぐいぐいみんなを引っ張って行って、

間違えることなく、ビシッと決断をして、

よっかかってるだけで、安泰と考えるのは、

平凡な社員や、業績の悪い企業の思い込み!

 

リーダーシップ(指導者たる任務)とは、

 

「戦術・計画・戦略的目標」

「意思決定・行動指針」

「業務マニュアル」

「畑違いでもわかる作業手順書」

 

を作り上げること。

 

指示・マニュアルを的確に実行してもらうために、

「会話術」などで求心力を高め、信用されること。