「故郷に資する」~知恵と知識の伝承~

学び得たことが、いつかだれかの力となって、少しでも多くの人の役に立てればー。

日記。今年の初競りは3億超えか。。

すしざんまいが落札した大間マグロ。
その価格は最高値3億3360万円。

1貫を22000円以上にしないと割にあわないらしいが・・

 

それはさておき、税金は個人船長が釣った場合、

漁業協会と市場手数料で11~15%が引かれるという。

 

今回は釣った船長がメディア取材で15%引かれて

そこから税金引かれるといっていたので

残りは283,560,000円。

 

そこから所得税等で40%は持ってかれるので

ざっくり手取り推定は

170,136,000円以下になるが

 

まったくもってすごい金額である。

 

※通常船をローンで買っているハズなのでその返済もあるハズ

 

では、彼が従業員ならどうか?

 

船員の給与は初任~半人前は都会で5~10年働いた大卒ぐらい。

一人前で40代田舎公務員、30代の大都市公務員ぐらい。

資格をとって航海士になるか1等機関士で600万。

船長で700万、最高役職の漁労で年1000万の大台に。

 

個人に比べたら全く割に合わないが、

個人の場合、船借金して買ったところで

いいのが釣れなければ、収入は

毎年マイナス200万オーバー~の世界。

当てれなければ終わりの夢。

本当の勝利者となれるのは一部である。

 

 

私の叔父は外国観光・貨物船と

内船の一等機関士だった。

※もちろんマグロとは関係ない

 

彼はいっていた、

おじちゃんは月50もらってるけど

なにかあったらとか理由をつけて

生命保険やらいろいろ入れさせられる。

遺書も書かされたと。

 

また叔父はこうも言っていた。

おじちゃんは基本3ヶ月働いて1ヶ月が休み。

停泊期間は休めることもあるから

ちょこっと買い物もできることもある。

 

おじちゃんは3時間寝たら起きなきゃない、

でも船乗りはだいたいそんなもんで、

その他に仮眠・自由時間があって

そこで毎日1~1時間半寝ていると。

 

普通のリーマン船員でさえ、そんな生活が義務として

3ヶ月とかいうスパンで課される。

遠洋漁業船ともなれば

半年~1年帰れず、毎日5時間寝れない。

 

ハードでタイトでロマンの仕事。

 

叔父は昔は目が良くて、体力と腕力があって健康なら

面接でよければなれるかもね

ぐらいのことも言っていたが、金額だけなら

普通に都会でリーマンのほうが安全でよさそうではある。。

 

あなたはなりたいと思うだろうか?

(私はやりたいとはおもわない)

 

 

「火風講義」最新の睡眠のまとめ2018

火風講義「睡眠理論2018」

f:id:hikazeamatatu:20180905180835j:plain

◆人間の脳

 

6時間未満の睡眠を続けていると、

2日徹夜したほどの疲労

脳に降りかかりミスをしやすいことが分かった。

 

 

◆睡眠時間

 

7時間がベストといわれ次点は7時間半。

 

◆うたたねで脳疲労軽減

 

人間は10分以上眠ると本格睡眠に入ろうとするので、

仮眠をするなら1時間半以上がよいとされてきた。

しかし、欧州では昼休憩2時間の企業もあるが、

日本では40~1時間休憩が一般的なので

1時間半仮眠を実現するのはむずかしかった。

 

 

作業療法士の研究で、

10分未満のうたたねをした場合、

疲労が軽減されミスが減ることが分かった。

 

睡眠時間を日々7時間取れない方は、

昼休憩などにうたたねをするのもいいかもしれない。

(基本座った状態がよい。特に食後の場合、横になってはいけない)

 

 

◆寝だめor熟睡

 

寝だめにはストレス解消効果があるが、

過眠部分についてはそれほど脳疲労の回復につながってはいない。

 

一方、7時間の熟睡は大きな回復効果があることがわかった。

 

 

◆熟睡するためには?

 

入浴後、2時間半以内に眠ること。

 

人は、体温が下がっていくと眠くなりよく眠ることができる。

 

体温は、入浴後2時間半~4時間で元に戻り、

睡眠モードから活動モードに戻ってしまう

 

 

入浴直後に寝るなど、寝汗を多くかく場合は、

汗を吸うタオルを背中にしいて眠る

 

羽毛布団を使う場合、羽毛布団が体に密着するようにし、

毛布は羽毛布団の上からかける。

 

 

◆いびき

 

枕が高すぎたりするとかきやすいので、

頭の高さが首の高さと同じぐらいの枕を使うのがよい。

 

また、口呼吸のほうがかきやすいので

普段から鼻呼吸を心がける。

 

胸に手が触れているといびきをかいたり悪夢を見ることがある。

 

横向きがいびきをかきにくいといわれている。

 

アルコールのとりすぎは、

その分解に追われ各器官に問題が生じるため、

いびきをかきやすくなる。

 

 

 ◆起きる時間は変えない

 

起きる時間を変えて、睡眠時間を多少上下するより、

起きる時間を一定にしたほうが効果が高いといわれている。

 

ただし、睡眠時間が3時間を切るのはかなりのハイリスク。

(10年ほど前の長寿統計では睡眠時間3時間未満がぶっちぎりで悪かった)

 

 

※そのときは、3時間の熟睡+1時間前後でいいんじゃないかという

短時間睡眠論が注目されていた。

10年前から熟睡は最大の回復であったのである。

次世代マットレス【ビブラート1】Vibrato1